男女

プライバシーを守る|盗聴される前に発見することが大事

盗聴器の探し方

耳

盗聴器には録音式と電波式の2つがあります。まず最初にやるべきことはラジカセで音を鳴らして盗聴器を作動させます。それからFMラジオを受信して部屋の中を歩き回って音が大きくなる方向に進めば位置を特定して発見できます。

もっと読む

場所のチェックと事前知識

レディ

盗聴器発見は全ての周波数をチェックできるわけではないため、機械の仕様には専門知識が必要です。場所を絞り込んでチェックしておくことが、わかりやすい発見につながるため、設置しやすい場所をチェックしましょう。

もっと読む

用途によって選ぶ

マップ

さまざまな理由でgps発信機を必要としているなら、購入したりレンタルしたりするのがおすすめですが、どの程度の精度が必要なのか決めておくと選びやすいです。指定した日時に届けてくれる、伝票に書く品名を配慮してくれるなど、使い勝手が良い業者を探しましょう。

もっと読む

盗難や詐欺被害に遭う事も

女の人

プライバシーが漏れている

今は安い盗聴器なら数千円で購入できるので、興味本位で使用する人が増えています。PTAの会合でどのような話がされているか知るために設置したり、恋人の日常を監視するために設置する人もいます。盗聴器は電池式のものと寄生式のものがあります。電池式なら電池が切れれば盗聴も終わりになりますが、寄生式のものは電源がある場所に取り付けられるため1度設置されれば機械が壊れるまで盗聴され続けます。電話をしている最中にノイズが入ることが多かったり、家の近くに同じ車が長時間停車していることがあれば盗聴されている可能性があります。また電気代が高くなったり、いたずら電話が頻繁にかかるようになる、ストーカーにつきまとわれている場合にも注意が必要です。

取り外しに資格が必要

テレビ番組などで盗聴器がコンセントに仕掛けられているのを見たことがあるという人も増えてきました。自分の家にも設置されているのではないかとコンセントの裏を探してみる人もいますが、コンセントや保安器、電話回線上に取り付けられた盗聴器を外すには資格が必要です。自分で外して壊してしまった場合、賠償しなくてはいけなくなることもあります。また感電してしまうこともある為、発見や取り外しなどは専門家に依頼した方が良いでしょう。盗聴被害が増えている為、盗聴器発見を行う専門業者も増えてきました。設置されている盗聴器を全て発見してもらえるだけではなく、速やかに撤去してもらえるので安心です。発見できないままでいると、プライバシーが外部にもれるだけではなく、盗難や詐欺被害にあうこともあります。